[研究所トップに戻る] [管理用]


名  前
メールアドレス
所  属
題  名
コメント

[9] 第144回ISC・21神戸例会のお知らせ 名前:竹谷和之 投稿日:11月18日(月曜日)11時47分 所属:神戸市外国語大学

今年最後の例会案内

西谷先生の集中講義を例会として開催させていただき早6年を過ぎようとしています。今年も下記の要領で開催しますので、どうぞご参加ください。また、集中講義ですので例会以外の時間でも参加可能ですが、資料作成上12月15日(月)までに竹谷(taketani@inst.kobe-cufs.ac.jp)にご連絡ください。

また、受講学生を中心とした講義ですのでご了解ください。
なお、懇親会は行いません。

            記

期 日:2019年12月20日(金)12:45〜17:35(3〜5限)
場 所:神戸市外国語大学 学舎205教室

講義内容:共生論――共に生きるとはどういうことか
近代以降の社会の発展が行き詰まり、技術・経済・戦争・災害等々さまざまな問題が生じている。人間社会の原点に立ち戻り、共同的存在としての人間のあり方を考え直し、将来への展望のベースをつかむ。

12月18日(水)
第1回 なぜ「共生」を問うのか?
第2回 現代社会の行き詰り
第3回 国(国民)、社会的差異、性、その他
第4回 近代社会の原理(技術・産業・経済システム)
第5回 近代社会の原理(個人と自由)

12月19日(木)
第6回 キリスト教と近代社会
第7回 共同存在としての人間
第8回 共同体論の現代的展開(1)
第9回 共同体論の現代的展開(2)
第 10 回 メディアと情報社会

12月20日(金)
第 11回 「進歩」とカタストロフ
第 12 回 3・11とは何だったのか?
第 13 回 カタストロフと再生
第 14 回 人間の未来
第 15回 まとめ 

指定図書
西谷修『アフター・フクシマ・クロニクル』(ぷねうま舎)
M・ハイデガー『技術について』
G・アガンベン『到来する共同体』
S・ヴェーユ『根をもつこと(上)』(岩波文庫)
I・イリイチ『コンヴィヴィアリティのための道具』(ちくま学芸文庫)
S・ラトゥーシュ『脱成長は世界を変えられるか』(作品社) 

[8] 椙山フォーラムのご案内 名前:三井悦子 投稿日:11月16日(土曜日)11時36分 所属:椙山女学園大学

椙山女学園大学開学70周年記念 椙山フォーラムのご案内
 
標記のフォーラムが、下記のように開催されます。
ふるってご参加くださいますよう、ご案内いたします。

テーマ:『人間にとってスポーツとはなにか ―オリンピックイヤーを前に考える―

第1部 講演 「超高度化するトップスポーツの世界」
―トップアスリートの「身体」と「競技環境」はどこに向かうのか?―
講師 松本 芳明氏(大阪学院大学国際学部教授)

第2部 コメント  井上 邦子氏(奈良教育大学教育学部准教授)

第3部 総合討論 
松本 芳明氏(大阪学院大学国際学部教授)
井上 邦子氏(奈良教育大学教育学部准教授)
三井 悦子 (椙山女学園大学人間関係学部教授)

【日  時】11月30日(土)13:30〜15:50(受付13:00〜)
【場  所】椙山女学園大学 星が丘キャンパス 文化情報学部メディア棟001室
【申込方法】参加ご希望の方は、メールにてお申し込みください。
【申 込 先】e-mail:ningen@sugiyama-u.ac.jp
【申込締切】11月25日(月)
【定  員】250名
【主催】椙山人間学研究センター
【後援】愛知県、名古屋市、日進市、愛知県教育委員会、名古屋市教育委員会、日進市教育委員会
【参 加 費】無料
【問合せ先】椙山人間学研究センター TEL 052-781-4346

[7] 第143回月例会について 名前:松本芳明 投稿日:11月8日(金曜日)13時15分 所属:大阪学院大学

皆様

「立冬」を迎え、冬の到来が間近になったのを感じる季節になってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。
 さて、第143回の月例会を以下の内容で開催したいと思っております。お忙しい時期ではありますが、多くの方の参加をお待ちしております。

日 時:2019年11月16日(土)午後1時00分より午後5時15分
場 所:大阪学院大学5号館B2-02会議室
プログラム:
 13:00-14:00 第1部:情報交換、活動報告
 14:15-17:15 第2部:話題提供とディスカッション
   テーマ:「身体の増強、身体機能の拡張について考える」
   発表者:瀧元誠樹氏(札幌大学)
       麻生宏美氏(三菱ケミカル)

*例会終了後、岸辺駅近くの「そば辰」で簡単な懇親会を予定しています。
*例会、懇親会へのご参加については世話人までご連絡ください。
(第143回例会世話人;松本芳明 y-matsu@ogu.ac.jp)

[6] 第142回月例会中止について 名前:船井廣則 投稿日:10月9日(水曜日)16時54分 所属:ISC・21研究員

皆さま
 今週土曜の月例会について第2報を配信する予定でした。しかし、例会当日の12日には台風19号が豊橋付近にかなり接近する(暴風圏に入る確率40%前後)との情報を気象庁が配信しています。交通機関の乱れは翌13日も続くとの予想です。
 というわけで、ご参加の申し込みをいただいた先生方にはたいへん申し訳なく、誠に残念ですが、今回はやむなく中止とさせていただきます。

 今回予定しておりましたプログラムは、11月の松本先生と相談のうえ、機会をいただくことができればと思っております。

 安全第一ということで、今回の判断をどうかご理解くださいますようお願いいたします。 世話人船井廣則

[5] 第142回月例会について 名前:船井廣則 投稿日:10月3日(木曜日)14時41分 所属:ISC・21

皆さま

 台風の行方が気にかかる季節ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
 さて、第142回「ISC・21」研究会(豊橋例会)の第1報をお届けします。今回は初の試みですが、愛知県東端の都市豊橋にて月例会を開催させていただきます。
 お忙しい時期とは存じますが、万障お繰り合わせのうえご参集くださいますよう、ご案内申し上げます。

日 時: 2019(令和元)年10月12日(土) 午後 1時00分より午後4時50分まで
場 所: 豊橋市民センター カリオンビル3F 第1ミーティングルーム
プログラム 
 第一部: 情報交換(ブック・レヴュー、活動報告など、午後2時半頃まで)
 第二部: 研究報告・発表希望者を募ります。
研究会のあとに簡単な懇親会を予定しています。

 発表希望および研究会・懇親会へのご参加については、10月9日までに船井宛てご連絡ください。たいへん申し訳ありませんが、今回は会場定員が10名(!?)となっておりますので、受付はお申込み順にさせていただきますことをご了承ください。

豊橋例会世話人 船井廣則(funafuna922*gmail.com *を@に)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
船井廣則  FUNAI HIRONORI
 http://www.tees.ne.jp/~sieg922/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


[4] 第141回ISC・21研究会開催のご案内 名前:竹村匡弥 投稿日:9月10日(火曜日)10時50分 所属:21世紀スポーツ文化研究所

皆さま

厳しい暑さが続いておりますが、
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
遅くなりましたが、
ISC・21奈良例会のご案内をいたします。

        【記】
◯日時:2019年9月28日(土)午後1時半〜6時
◯場所:奈良市音声館 2F
◯プログラム:
第1部 午後1時半〜2時半 : 情報交換、近況報告
第2部 午後2時半〜6時 : 個別発表

スポーツ学の立場から「共生論」を考える、ということをテーマにして議論していきます。

*例会終了後、近鉄奈良駅周辺で懇親会を予定しています。
参加お待ちしおります。

なお、例会ならびに懇親会への参加につきまして、9月17日(火)までに、竹村匡弥(上記、名前青色クリック)までご連絡ください。

お忙しい時期とは存じますが、多くの方々の参加をお待ちしております。 世話人:竹村匡弥

[3] NHK Eテレ「100分de名著」に西谷修先生ご出演 名前:植村真也 投稿日:7月29日(月曜日)0時22分 所属:社会福祉法人福祉ふれあい福祉会

すでにご存じの方も多いかと存じますが、一応掲示板に書き込みます。
8月5日から4週にわたり、NHKのEテレ「100分de名著」に西谷修先生が出演されます。ロジェ・カイヨワの『戦争論』について講義されるようです。私は偶然書店でテキストを見つけ、番組を知ることができました。

○番組名 NHK Eテレ「100分de名著」
○放送日 8月5日、12日、19日、26日(月曜日)の4回(水曜日に再放送あり)
○放送時間 午後10:25〜10:50
○番組ホームページ https://www.nhk.or.jp/meicho/

以上、情報提供いたします。

[2] 第139回ISC21研究会 名古屋例会のご案内 名前:三井悦子 投稿日:7月13日(土曜日)20時11分 所属:椙山女学園大学

皆さま

名古屋は遅まきながら蒸し暑くなりました。
その後いかがお過ごしでしょうか。

さて、おそくなりました、名古屋例会の第2報をお届けいたします。

        【記】
◯日時:2019年7月20日(土)午後1時半〜5時半
◯場所:椙山女学園大学 日進キャンパス 5−206室
◯プログラム:
第1部 午後1時半〜2時半 : 情報交換、近況報告
第2部 午後2時半〜5時半 : 個別発表

 ]禿賃抻辧平山女学園大学)フランスの視点から考える「記憶の1964年東京オリンピック」
 ⊂硝榾明(大阪学院大学)「とび箱運動は日本にどのようにして入ってきたか」

*例会終了後、午後6時半頃より星ヶ丘駅周辺で懇親会を予定しています。 こちらへの参加もお待ちしています。

なお、例会ならびに懇親会への参加につきまして、7月17日(水)を目途に、etsukomii*yahoo.co.jp (*を@に)三井悦子までご連絡いただければ幸いです。

お忙しい時期とは存じますが、多くの方々の参加をお待ちしております。 世話人:三井悦子